上野特選劇場(上野地下特選劇場):越中褌


上野特選劇場で、けっこうな頻度で、越中褌に対応できない男に出会う。

紐で結わえられていることを認識せず、強引に下げようとする。前垂れを引っ張り外そうとするものもいる。 前袋を引き下げ、前垂れを外そうとする男もいる。

「越中ですよ」 といっても、どう対応してよいか分からないようである。

大腿の男は、強引に押し下げることを試み、諦めて、前袋の横から、亀頭を持って、ペニスを引っ張り出す。

「越中ですか?」 と興奮するする人もいる。

手馴れた手つきで紐の結びを解く男は殆どいない。

越中褌が戦前、男子の一般的な下着であったと思えない。

以下はウィキペディアの「越中褌」の概要の記載である。

『名前の由来には越中富山の置き薬の景品で全国に普及したことに由来する説や、越中守だった細川忠興が考案者とする説など、複数の説がある。 江戸時代にも存在していて、隠居した武士、肉体労働を伴わない医者や神職、僧侶、文化人、商人の間で用いられていた。 越中褌が本格的に普及したのは明治末期頃から。1873年(明治6年)に徴兵令が制定され、徴兵された成人男子に軍隊が官給品として支給(貸興、給興)し、使用を義務付けたことで一般化するようになった。兵役除隊後、前垂れが陰部を隠し、軽くて清々しいとの使用感や、着脱が容易で布の使用が少ない経済性もあり、若者を中心に全国に普及した。それまでの六尺褌に代わり日本人成人男性の主な下着に代わった。 越中褌は簡易なものであることから、戦前では市中で販売されるよりも自家で縫製して使用するものが多かった。 大正期から太平洋戦争終了時までの間は日本人成年男子の主な下着は「越中褌」となり、越中褌が「褌」や「男性下着」の代名詞となる程、越中褌の全盛期を迎えた。 戦後は、日本人の洋装化が一段と進んだこと、敗戦で旧文化が否定される風潮になったこと、日本の工業化の進展で農村部から都市部に人口の移動が起こり、核家族化が進行して「褌祝」の私的祭事に象徴される褌継承の文化が断絶したこと、女性の社会進出で家事が簡略化されて自家で縫製する機会がなくなったこと、製造販売する業者も少なく店頭に並ばず、入手性に難があったこと、ブリーフ、トランクス等の新しい下着が廉価で出現して、機能性だけでなくファッション性のある下着が若者を中心に普及した影響を受けて、褌の使用人口は大幅に減少して、年配者が使用する過去の下着のような存在となった。このため、褌の用語は卑語のように扱われ、「下帯」、「締め込み」などの用語で代用されるようになるに至った。 戦後、何度かマスコミに取り上げられて一時的なブームが起こったことがあったが、定着することは無く、男性下着売り場の一角を占めるに至らない。 これは越中褌が究極の形状であることから、昔からデザインの変化がないことで、材質や色か柄でしか商品として差別化ができないこと、白色が定番の越中褌では色物や柄物では極端に需要が少なく採算に合わないこと、個人でも縫製できるものであるため、単価も安く利益率が低いこと、他の下着と比べて需要の伸びが大きく見込めず、設備投資に見合う大量販売が見込めないことなどから大手下着製造業者が積極的に手掛けにくいニッチ商品であることが、大手流通網に乗らず、広く店頭に並ばない理由と推測される。 一部のデパートや呉服店で販売されているに過ぎないが、近年ではインターネットの出現でインターネット通販を用いた褌製造販売専門業者などが生まれ、容易に購入できるようになり、ブリーフやトランクスしか知らない世代が「褌」を新鮮な下着として認識し始めたことで、新たな購買層となっているようだ。 パンツのようにゴムを使わず、高温多湿の日本の気候で褌の持つ機能や効能を支持する愛好家は現在でも存在する。虚飾性を排し、単純な一枚の布で全ての機能が完結する「潔さ」が、日本人が古来から持つ「美意識」と共通するものがあり、日本の古典的な理想の男子像にも例えられる。 越中褌の独特の形状から、白い越中褌を締めた東洋人男性ならば「日本人男性」であるとの暗黙知が日本人にあり、映画、テレビなどの劇中で、しばしば日本人男性を示す象徴として用いられたりしている。 褌を着用することで、虚飾を排し、時流に流されることなく本質を求道する理想の日本人男子像を具現化するものとして、褌にこだわりを抱く愛好家は少なくない。一部下着メーカーの越中褌の製造出荷量は、戦後から現在でも一定で、しかも相当数の販売数を保っていることからも推測される。』

上野特選劇場(上野地下劇場/上野地下特選劇場)に戻る。

カテゴリー: 上野特選劇場(上野地下特選劇場) パーマリンク

上野特選劇場(上野地下特選劇場):越中褌 への4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    アッキーです、
    俺にもアナルを入れて下さい、
    来週の12日の日に、
    上野特選に行きます、
    良かったら可愛がって下さい、

    アナルをしたいから❤️

  2. 匿名 より:

    今は、女もフンドシ時代。試着した女性レポーター「スースーします」だって。
    赤貝が蒸れなくていいのでしょうか。
    でも、食い込むとえらいこっちゃ。

  3. 熟越 より:

    雑誌やビデオでは越中褌の姿のモデルが多いですね。
    でもお仲間で実際に越中を締めている人は少ないようです。
    ズボンの上から魔羅を刺激され勃起して直接行動になります。
    ズボンのチャックを下されステテコの割れ目から手を入れられますがそれ以上が中々進みません。
    越中褌である事がどうも判らないようです。
    時間を掛ければ越中の前垂れをよけ膨らみに手が届きます。
    それからは横から魔羅に手が届く順番ですがこれが分からない人が多いですね。
    ステテコを無理やりずり下げる人が多いですね。
    これをしてもらっている時が一番興奮します。
    中には越中とすぐ分かって耳元で”越中ですか。”と囁く御仁がいました。
    かなり興奮していた様子です。
    魔羅より褌に興味が有るようで当人も越中の愛用者との事でした。
    最前列に座り互いに見せ合い触り会いをしました。
    スクリーンが明るくなりと良く見えます。
    褌愛用者と云うだけで親しくなりました。
    他人の前で越中をさらけ出すの病み付きになりそうです。

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中