大東洋/曼の湯


 私は出張にかこつけて梅田ローズ劇場を楽しむときは、宿泊費が安いことから、近くの大東洋に泊まるようにしていました。大東洋はカプセルホテルですが、宿泊すると天然温泉曼の湯が利用できます。その上、インターネットで予約すると500円分の食事券がゲットできます。 大東洋のホームページはhttp://club.pep.ne.jp/daitoyo/sauna/index2.htmlです。 曼の湯は大浴場、薬用風呂、室外風呂、サウナ、ミストサウナ等があります。実はここでも出会いを経験しました。

大東洋でもハッテンの機会があるかと期待をして、ロッカーキーを右手につけたり、如意棒を隠さず闊歩したり、お仲間に、シグナルを提供しましたが、何度行っても反応は殆どありませんでした。

ところが、ある日、突然状況が一変しました。 薬風呂に浸かっていたときのことです。正面の浴槽の縁に♂が座りました。♂は前を隠していませんでした。私はぼんやりと温泉の温もりに浸っていたのですが、♂は私が眼を逸らさず、一物を凝視していると受け取ったらしく、右手で一物をゆっくりとさわりだしましたので、私はどきどきと胸の高鳴りを覚え、眼をそらせる事が出来ませんでした。

そのうちに♂は浴槽に浸かりました。浴槽は入浴剤で色がついていて透明度は殆どありません。気が付くと、♂の足先が私の足に触れてきました。避けないことを確認すると、浴槽内を隣に移動してきました。彼の手の感触が大腿部、そしてペニスと移動してきましたが、そこで止まり浴槽を出て行ってしまいました。 私は消化不良を自らの手で解消するべくミストサウナに移動しました。 曼の湯のミストサウナは片側がタイル張りの椅子上になっていて5~6人が座れるようになっています。

隣接する座席とは肘置きみたいな仕切りがあります。中はミストで2メートル以上は煙ってよく見えません。私はその一番奥に座りました。ふと気が付くと隣に、薬風呂で私に火をつけた♂が座っていました。

♂は入り口側の左足を座席に乗せ、入り口側からの視線を遮った上で、右手でペニスを弄りだしました。彼の如意棒は瞬く間に間に怒張して屹立しました。

♂は如意棒を私だけに見えるようにしているのです。その時、ミストサウナには、他に2人入室していましたが、その二人が退出すると、同時に私はゆっくりと立ち上がりスローモーションのように♂の如意棒を凝視しつつ彼の前を横切りました。すると♂がいきなり立ち上がり、私を後ろから抱きかかえ、入り口を背に受けて私のペニスを弄りだしました。

これ以来、大東洋に宿泊するときは優先的にミストサウナの最も奥の座席に座ることにしました。その結果、時々よい事にめぐり合うことになりました。

 

「親父のハッテンサウナ」に戻る。

カテゴリー: 大東洋/曼の湯 パーマリンク

大東洋/曼の湯 への1件のフィードバック

  1. 太竿 より:

    最近は、できるノンケサウナが減ってきたけど、
    ここはいまだにデキそうな雰囲気なのがいいですね。
    いつもじゃないですけど、ちょくちょく遊べてます。

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中