(中央線のハッテンもどき):ノンケをアタックしてしまったかも


ラッシュアワー時間に、東京駅に向かう***に乗車した。

立川で、体が密着するくらいの混雑になった。40代半ばにリーマンの尻がIchiの陰部に接触している。オスは体の向きを変えようとしない。電車の揺れで、♂の尻の密着度が高まり、Ichiの如意棒が反応しだした。国分寺で更に混雑が増し、身動きができない状態になった。

Ichiの尿意棒の硬さは限界まで高まり、♂の割れ目に挟み込まれた状態になっている。この状態で騒がれたら、痴漢になるのだろうかと考えながら、Ichiは位置を変えなかった。電車のゆれが微妙に如意棒と割れ目の摩擦を提供してくれて気持ちが良い。

Ichiは相手が姿勢を変えないので、図に乗ってしまった。

少し位置を変え、半身となって。♂の尻の割れ目に手の甲が触れる位置に変えた。そして、少し上下に動かした。

Ichiは緊張の余り、電車が何処を走っていたのかわからなかったが、その時、丁度新宿駅に到着しドアが開いた。

♂は振り向いて、Ichiを睨み付けて下車して行った。

痴漢行為を咎められた可能性を感じ、冷や汗が出てきた。この時に、社内では被害者に徹しようと心に決めた。

参考情報:http://www.sexyboy.jp/note/med20.html

JR・私鉄のハッテンもどきに戻る。

カテゴリー: JR・私鉄のハッテンもどき パーマリンク

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中