(中央線のハッテンもどき):ウフフをしてもらうテクニック


http://www.sexyboy.jp/note/med20.html

☆☆ 痴漢をされよう ☆☆

 電車に乗っているときに、なにもしないでポーっとしているのもつまらないから、痴漢でもされてみない?  痴漢をされやすくなるのは、ハッテン場やクラブで誘われるスキを作る練習にも良いよ

痴漢されるためには 、混んでいる時間に触られやすい車両に乗ること  東京で有名なハッテン車両は、埼京線の一番大宮よりとか、中央線の八王子より、小田急線の急行の連結部だよ  その他の電車でも、混んでいる電車の一番前や一番後ろはハッテン車両なことが多いから、情報を集めてね

電車に乗る前に気をつけなきゃいけないのが、大きな荷物を持たないようにすること、リュックをしょっていたら小脇にかかえることと、コートなんかの前ボタンを外しておくこと

痴漢をされるためには、自分がゲイだってわかってもらうのが第一歩だよ  目をキョロキョロさせて、車内の良い男を捜したり 、駅に止まったときに乗ってくる人をチェックしていると、痴漢さんが、あいつは男を捜しているんだって解ってくれるからね

車内では、荷物で前をガードしたり、ウォークマンを聞いたり、本を読んだりしないで、 無防備そうにポーっとしている こと  こいつなら触っても大丈夫だろうなって安心感を持ってもらうのが大切だからね

痴漢さんは、普通、電車がゆれた時とかに、軽くあそこを手で触れて、いやがらないかどうかを試すから、触られた時に身を引いたりしちゃダメだよ  触られた時に、あそこを突き出すようにしたり、触りやすい向きに身体を動かしたりすると、すぐに大胆に触って貰えるからね

慣れてきたら、痴漢さんの動きを参考にして、電車に乗るときや駅で人が乗り降りする間に、タイプの痴漢しそうな人のそばに行ってね

かなり大胆な痴漢さんもいて、チャックを降ろしてナマで触ろうとしたり、イかせようとする人もいるから、ズボンの上から触られるところまではOKとか、イかされなければナマで触るのもOKとか、最初から限度を決めておいて、限度以上になったらガードした方が良いよ

タイプじゃない痴漢さんだったら、ちょっと眼をそらして、タイプの人に触られている気分になっていれば気持ち良いからね

もし、 タイプの痴漢さんだったら 、軽くでも触り返してあげると、痴漢さんも、『あっ、こいつも俺がタイプなんだ』 って解って、もっと気持ち良くしてくれるよ  もし、相手が降りるときに、手をギュッと握られたら、ついて来いというサインだから、一緒に降りて、声をかけられるのを待つんだよ  電話番号を書いたメモ用紙を貰ったら、その日のうちに電話しようね

じゃぁ、ステキな痴漢さんと巡りあえるように、がんばってね

との記載を見つけた。

そこで中央線のもっとも八王子寄りエリアで、学習を繰り返した結果。以下の①から③のテクニックを習得した。

①痴漢に獲物と認識してもらうテクニック

まず目をあわせ、目線を下腹部に移す。また相手の目をじっとみて、下腹部に目を移す。

これを繰り返しながら、自分のオチンチンの上に手のひらを置き、元にもどす。

②痴漢に痴漢行為を実行してもらうテクニック。

不必要に体を密着させてみる。ここで、密着を避けようと体を動かす人は痴漢ではない。

車両の揺れに便乗して、不必要に体を押し付けてみる。何度も押し付けてみる。この押し付ける行為に対しても避けようとしない♂は、痴漢に間違いない。

最後に相手の手が、わが如意棒にサワリヤスイ位置に体の方向を変えてみる。

我慢できなくなって♂は痴漢行為を開始する。

③ 痴漢行為を継続してもらうテクニック

痴漢行為を始めてくれたら、相手の体に触れる等、OKのシグナルを与える。相手の手の指に触れるのが触れやすいのでベスト。

痴漢を受けやすい時間帯はラッシュアワー時である。Ichiはラッシュアワーの時間帯に、都心から、中央線で帰って来るときは**車両の***に乗ることにしている。上記テクニックを駆使することで、何回かに一度,痴漢がアプローチしてくれることになった。

どのように痴漢にアタックを決断をさせるかの駆け引きには、心ワクワクする。

当初は加害者(痴漢)になったこともあるが、近頃は第三者が問題提起をした時の対策も考え、被害者に徹することにしている。従って、痴漢からジッパーを下げる行為を受けたら、(渋々)拒否の態度を示している。

JR・私鉄のハッテンもどきに戻る。


カテゴリー: JR・私鉄のハッテンもどき パーマリンク

(中央線のハッテンもどき):ウフフをしてもらうテクニック への1件のフィードバック

  1. Ichi より:

    つかささん

    投稿有り難うございます。「JR・私鉄のハッテンもどき」の、メニューに採録させて頂きました。

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中