(中央線のハッテンもどき):今日は不作


今日の中央線は吉祥寺からである。

既に21時30分、ラッシュアワーは終わっている。

体が密接しない混み方では、期待する痴漢は行動を起こさないとは思ったがチャレンジするつもりで、三鷹で2台後から来た通勤特別快速に乗り換えた。案の定**車両の**部の混雑度はそれほどでもなく、乗客同士はそれそれ人ひとり分の空間を空けている。

**部にたむろしている乗客の中で、一瞥してお仲間の可能性がある男が二人いた。一人は小太りの40代後半と思える男①、一人は50代前半とIchiと似た体形の男②で隣り合って**部の壁に寄りかかっていた。

Ichiは二人の間に前壁とは45度の角度で男②に右尻を近接させて立った。

男②はそれまで読んでいた文庫本を閉じ、手提げ鞄にしまった。

電車が動きだすとIchiの右肘が、電車の揺れに伴って、男②の腹部に触る。

この込み具合であれば、揺れて体が接触する場合、接触しないように位置をかえるのが常識だが、男②は位置を変えない。

Ichiは揺れの助けを借りずとも、触れあう程度に肘を突っ張ったが、男②は避けない。

呼吸に応じた腹部の動きと、腹部の温もりが伝わってくる。

男①も横から男②に、体を預ける動きをしている。

Ichiは男②が触りやすいように、男②の前に立ち、尻を男②に向けたが、何の行動も起こさないまま、国分寺で下車してしまった。

Ichiは男②のいた位置に陣取り、男①の隣に立った。

男①は時々、Ichiに寄りかっかてくるが、寄っていて、まともに立っていられないようだ。寄りかかられたときに、少し接触度を強めるようにしたが、何のリアクションもない。

今日はやはり、不作と判断し、立川で下車し、**に移動を開始した。

下車駅でバスに乗り遅れないための移動である。

JR・私鉄のハッテンもどきに戻る。

カテゴリー: JR・私鉄のハッテンもどき パーマリンク

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中