駒健問答-第57話 (By関爺)


虎:  少し寝不足かな、と思いながらも、駒ケンに行って来ました。

関:  多少寝不足位の方がチンポは良く起つのだよ、疲れ魔羅もそうだよ。

虎:  風呂場にいるほうがいろんな男の裸が見られるから、これからは風呂場にいるようにしようかな、
と思ったけど、でも、その前に3階を見ておこうと、まず3階にいく。

関: こら~~風呂にも入らないで男探しかよ!チンかすの付いた臭いチンポを人に握らすってか!

虎:  だけど、3階2段部屋入口に行った時、ちょっと背の高い男に、早速捕まって扱き合いを始めてしまった。
「今来たばかりだから、風呂にいってきたい」と言って解放してもらう。

関: はいはいそれで宜しい。やっぱり行き先は3階の2段ベットだね、なんでパターンは同じなのかな~

虎:  だったら、3階をうろうろするな、と言われそう。まず3階をみておこう、というのは失敗かな。

関: そうですよ、良く気が着きましたね貴方は偉いよ(笑)

虎:  それで、風呂にいき、とりあえず、身体を洗い、歯も磨いてから、スチームサウナにいく。
前に座ったお父さん、いいモノをしているので、手を出してみるが、嫌がらない。

関: 楽しみの途中で水を差すようで悪いけど、聞かせてぇ、   その「手を出して見るが嫌がらない」
いいモノを眼にすると手が自然にチンポの方へ行くのかな?
どの様なタイミングで手を出すの?
勿論、貴方の場合は躊躇などと言う言葉は頭の中には存在しないのでしょうけどね
もしも拒否されたらどうしよう!などとその様な事は考えた事も無い!の?

虎:  その男と扱き合いを始める。扱き合いをしていると、隣にちょっとタイプのお父さんがくる。
だけど、前の男と扱き合いを始めたばかりだから、隣のお父さんに手を出すわけにはいかない。
なんて、殊勝なことを考えて専念していたのだけど、奥にいた男が出ていく時、通してやるため、中断、のつもりが、
前にいた男も一緒に出て行ってしまったのだった。

関: 虎さん!解らないかな~貴方が前の男と扱きあいをして居る時に隣に来たタイプの男が気に成った事を前のお父さんに貴方の腹の中を読まれたって事さ、だから此れ幸いと貴方の前からスタコラサッサと逃げたってわけさ!

虎:  天下晴れて、隣のちょっとタイプのお父さんに手を出してみると、嫌がらない。
嫌がらないどころか、凄い積極的。扱きは勿論、咥えたり、強く抱きしめてのむさぼるようなキスしたり、を繰り返す。
当然、俺からもやり返す。お父さんのモノも固くなっていて、握り心地、咥え心地がいい。
まわりからも「おおっ、凄いなあ」とか「激しいなあ」とかの声が聞こえる。
今日はここで一度出して、一眠りすればいいか、なんて思ったりもしたのだけど、最後までいく前に、このお父さんも
「ああ、良かったよ、ありがとう」なんて言って、出て行ってしまった。

関: 虎さん此れが本物のSEXさ!
何時ものワンパターンで、扱き合い、咥え合い、キスし合い、抱きあい、マッタリとする、このパターンは飽きたね。
読者に聞いて見ようかな?
兎に角「天下晴れて」から一機に読み上げましたね、
だから方々から合いの手が掛るのですよ、
私も言って見たいね
「いよッ虎さん凄いよッ激しいねッもっと遣れッ 」と貴方をそれ以上に乗せ捲りますよ此れがSEXさ。

虎:  まあ、昼飯でも食うか、と1階に降りる。
1階でカップラーメンを食っていると、いつか休憩室で小柄だけど、いいモノが見えた男が、いつも3階でテレビをみていたり、1階でも、ロッカーの前に座り込んでいる、さらに小柄なお爺ちゃんと話をしていた。
「ここで、俺より小さな男はこのお爺ちゃんしかいないから、このお爺ちゃん好きなんだ」と言っている。
151、とか23とか言っている。
151は身長かな。151mmのサオだったら結構大きいだろうけど、mmで話すことはないからね。
23て靴のサイズかな。
「天は二物を与えず」とか言っていたので、「一物だけでもいいモノを与えて貰って良かったじゃない」なんてチャチャ
を入れる。

関: なんだ、カップ麺を喰いながら人の話に聞き耳を立てて、頭の中はチンポのサイズに余念が無い。

虎:  昼飯後、ウォッチングに再度風呂にいったけど、どうもあまりいい景色ではない。
それで3階に行くと、先ほどの小柄な男がいたので、「おっ、天の与えてくれた一物を拝ませて貰うかな」
と言いながら、手を出すが嫌がらない。
いつもは近寄っていくだけで、スッと逃げてしまうのに、どうした風の吹き回しだろう。
天の一物の効果かな。

関: 「おっ、天の与えて呉れた一物を拝ませて貰うかな」何時もは煽てに乗せられる人が今日はどう言う
   風の吹き回しかな、煽てながらどさくさに紛れて一物に有りつける、其れを禿げ鷹って言うのだよ。
   小柄な人に言う褒め言葉には成らないと思うよ。(チビを気にしてるからね)

虎:  横になって、扱き合い、咥え合い、抱き合いを始める。
「いつも、大きな男とやっているから、大きな男が好きなのかと思っていたよ」と言うが返事はなかった。
また余分なことを言ってしまったかな。

関: 又余計な事言う、貴方は小柄だ小柄だと気にしてる事を言ってると同じ事だよ。

虎:  そのうち、隣で、大柄な二人が激しくやっているのが見えた。良く見るとチンボ合わせをしながら扱いている。
俺たちも、同じようにチンボ合わせして扱こうかと思っていたら、小柄な男は隣でやっている男達の足元に移動し、
下から手を突っ込んでいる。あらら、この男も俺と同じで結構淫乱なんだ。俺はちょっと自重しているのだけど。

関: 虎さんがチビチビっていうから逃げて行ったのだよ、 何処の世界にも同類が居るものだね。

虎:  と、思う間もなく、男が近寄ってきて、俺のモノを扱きだす。

関: なに?逃げられたらほかから虎さんのチンポを扱きに来たってか、モテる人は羨ましいよ。

虎:  見ると 、昼前にスチームサウナで隣にいて、激しく扱き、キスしてくれたちょっとタイプのお父さんではないか。
途中でやめてしまったのに、これ幸いと、このお父さんに乗り換える。やはり、俺もあまり節操はないみたいだね。

関: 虎さん貴方の節操のない事は先刻より承知さ!でも良かったね昼間に人眼も憚らず燃え盛り「凄いね」「もっと激しく遣れやれ」とはやし立てられても燃えさせてくれたタイプのお父さんでしょう?良かったね~棚から牡丹餅だね。

虎:  駒ケンと言う所はそういう男の集まりみたいなところがあるから、あまり堅苦しく考えなくてもいいのかも知れない。

関: そうですよ、だから何時も気楽に楽しむ事が出来るのですよ、今日が有っても明日は他人だからね。

虎:  そう思うと気分的にも楽になって、このタイプのお父さんと、昼前からの続きを愉しむことができ、射くことができた。それも久し振りにビュッと飛んで出たのだった。

関: そうだね、すきな人との絡みは又格別な物が有りますからね、で、どの辺りまで飛んだのかな?
 
虎:  とりあえず、自分の出したものを拭いて、再びお父さんのものを扱き始める。
あれっ、また少し出てきた感じ。
「ごめんね、歳のせいか、一度に出ないで、残っていたのが、ちょろっと出てくるんだ」と言って拭き取る。

関: 余程感じた様だね、でも凄い言いわけだね。

虎:  また抱き合って、お父さんの股間に手をやると、濡れている。
「お父さんも射ったの?」と聞くと「いや、これはお前の出したものだよ」という。
「ごめんね、綺麗に拭き取らなくて」と言うと「いや、気にするな、お互い様だから」と寛容。

関: 処でその様に燃えさせて呉れて寛容なお父さんの(貴方が好きな年齢を聴く事は置いといて)住所や携帯の番号は聴く勇気は無かった様だね、肝心と処で役立たずだと私は嘆きますよ。

虎:  此のあと、お父さんもなんとか射ってくれたみたいなので良かった。
お父さんは「風呂にいってくるよ」と言って離れていったけど、俺はもう少し横になっていたくて、残り、まどろむ。

関: 余程激しく燃えた様だね、遣り過ぎて腰が起たなかったのでしょう?その腰が抜ける程に遣った
  プロセスが書いてないね、肝心な処だろう関爺も読者も其処の処が知りたいのだよ。
  唯、射っただけでは承知出来ないね~  

私が昨年11月に「駒健に」行ったでしょう?
其の時の夜の事を細かく書いたでしょう?
もう一度読みかえしなさい!
あれを読んで一人Hをしました、オカズに成りましたよと、沢山メールが届きましたがね、気の小さい人は日記のコメントには書けない人ばかりだったが。

虎:  風呂にいくと、隣の風呂からガラス越にこちらを覗いているお父さんがいた。で、こちらからも覗くと手招きされる。
隣の風呂に移ると、そのお父さんが俺のモノを扱きだす。

関: それ、浴槽の中でかい?第一お湯が汚れるし傍目も有るでしょうがどっちもどっちだがね、其れはマジ謹んで欲しいね。

虎:  「出してきたばかりだから、勃たないよ」と言いながらも、なんとなく元気になってきてしまう。
「あれっ?そんなにされたから、勃ってきてしまったよ」なんて、嬉しい言い訳をする。
「おおっ、元気じゃないか。立派、立派」と誉めそやす。
そこにいた、背高丸禿げのお父さんもにっこり笑って見ている。
このお父さんもたまに見かけ、興味あるのだけど、いつも難しそうな顔をして近寄り難い感じだった。

関: 湯船の中でのその様な事をしては人が見るでしょうが、恥ずかしくないの?

虎:  風呂を出て、3階に行くと、ちょっと渋い感じのお父さんが裸で、テーブルに両肘をついて、身体をうつぶせ、斜めにして、横の男に扱かれている。なんともエロチックな感じ。

関: その行為は黙って見て居る様な虎さんでは無いね、絶対にちょっかいを出すね、太鼓判を押します。

虎:  俺も横になって、もぐりこみ、覗き見していたら、横にいた男はお父さんのモノを俺に咥えさせ、他の男のモノを扱きにいってしまった。

関:  案のじょうだ、遣るだろうと思ってたよ最近は虎さんの遣りたい先の事は全て読める様に成りました。

虎:  仕方なく?お父さんのモノを口で扱いてあげていると、風呂で逢った背高丸禿げのお父さんがきて、覗いている。
それで、渋い感じのお父さんに
「ああ、美味しかった。どうもありがとう」というと、
このお父さんも、
「こちらこそ、良かったよ、ありがとう」と言い、起き上がり、離れて行った。

関: 仕方なく?心の中ではこ踊りするぐらい喜んで居た癖に、で、「ああ、美味しかった。どうも有り難う」ってかい?それに失礼だよ!背高丸禿が来たので「美味しかった有り難う」それは無いでしょう。

虎:  それで、「お父さんにも興味あったんですよ、少しだけでも、握らせて」と言って背高のお父さんモノを握りにいく。
「ごめんな、もうあまり元気にならないんだ」と言いながらも、握らせてくれた。

関: 私は、もう開いた口が締まらなくなりましたね、「お父さんにも興味があったんですよ、少しだけでも握らせて」お父さんは、元気が無くても触らせるから不思議だね、虎: さんの人徳かな?

虎:  だけど、お父さんは何もしてくれないので、お父さんの手を俺のモノにもっていき、握らせ、扱いて貰う。
大きな手で、扱かれるのは、なんともいえぬ、気持ち良さがある。射精するまでにはいかなかったけど。
「いつも元気だなあ、羨ましいよ」と言っていたけど、今度逢ったら、この大きな手で扱いて貰い射精したいものだ。

関: あらら~、お父さんは何もしてくれないので自分から、大きな手に虎さんのチンポを握らせた?
  扱いて貰ったのだね、で、射精まで行かなかったのだね、次回逢えたら屹度扱いて呉れますよ。

虎:  また一つ愉しみが増えたかな。

関: 世の中そんなに思い通りには行かない物だね、やはり好みが違ってたのかな?

虎:  1階で休んでいると、休憩室(食事室)で絡み合っている男達が目に入る。

関: 休憩室でかい?その様な処で絡み合ってる?貴方の事だから屹度加わるでしょうね(笑)

虎:  二人とも、若い感じで、一人は痩せタイプだけど、結構デカイモノを勃てている。もう一人は普通体で、モノも普通の感じ。
デカブツなんだけど、全然興味が湧かない。大きければいい、というものでもないんだな。

関: なになになに?今誰が言ったの?
大きければいいと言うものでもない!?
私の空耳かな~~
あの声は確か大きなチンポだったら直ぐに喰らい付く虎さんの声だと思ったがな~
耳鼻科へ行かなければいけないかな。

虎:  暫くして、普通体の男が帰り支度を始めたのだけど、ロッカーの前で、名残惜しいのか、二人で抱き合い、キスし合いを
延々と続けている。回りのものも呆れ顔で見ているのだが、まあこれも駒ケン風景の一つなんだろうな。

関: 其れは処も弁えられない非常識だよ、幾ら駒健でね~場所柄を弁えて欲しいね、周囲は呆れ顔だろう?

虎:  少し休んだ後、再度3階休憩室にいくと、最初にスチームサウナで扱き合いをした男がいて、少し話をする。俺より若いかなと思っていたけど、俺よりは上だという。

関: 又何時もの悪い病気が出て来た様だね、何時も年齢が気になるお人だね~~

虎:  敬老デーの1000円入館券の話がでる。2月も3月も1000円券をいただいた。2月は敬老デー翌日だったけど、頂けた。
確かに、土・日敬老デーは混みあっているけど、普通の日は閑散としているなんて噂がでないように、普通の日にも来て貰えるように、配っているのではないかな、という。

関: 其れは考えたね、妙案だと思いますよ、その様な取りとめのない話だったら罪の無くていいね~~

虎:  これからは月2回くらいにしようかな、なんて思っていたけど、敬老デーに1000円券が貰えるなら、これまでとおり、月3回、
来るようにしようかと思い直しているところ。いろんなサービスがあることはいいことですね。

関: そうですよ、貴方は月に3回来る義務が有りますよ、私もだが全国に「駒健」に憧れて居ても遠くて来れない人が沢山います、其の人達の為に駒健へ来て「駒健問答」を書く手助けしなくてはいけませんよ。貴方はまだまだ可愛い処が有りますね、割引券やサービス券を楽しみにしているものね(笑)

虎:  会員券で10回スタンプを過ぎたので、提出し、無料券1枚貰えたことだし。来月の抽選会で、何か当たるといいのだが。
この前も当たったばかりだから、そんなに欲張らなくてもいいか。

関: 貴方は暫くは抽選会に洩れますよ、今日は悪い事ばかりして居たでしょう?私の片手の指では足らない位に人を悲しませたでしょう?やはり虎さんはモテるのでしょうね。

虎:  いろいろと言う人はいるけれど、自分にとっては駒ケンは本当にいい所だと思っていますから、駒ケンさんも頑張ってね。

関: 其れは貴方が助平と言ってるだけでしょう?
当然だよ自分だって認識しているでしょう?
だが考えて見れば「駒健」が無ければ今頃は皆さん男にあぶれて公園や映画館を彷徨い歩きはたまた臭い便所巡りでしょうね、「駒健」は天国ですよ。
駒健さん、頑張って、何処かの生命保険のコマーシャルだね(笑)

[逢いたいなと思っている男達にはなかなか逢えないけど、それなりに駒ケンを愉しんだ 虎より]

関: 安い入館料金で腰抜けて立てないほど楽しんで居て、何が其れなりにだよ聴いて呆れるよ此れからは人を取り換え引き換えは辞めにしましょうね、と虎: さんに釘を刺す関爺でした。

*****************************************

感想、ご意見、ご批判がございましたら、コメント欄に。ご記入下さい。管理人が責任を持って、その旨を関爺さんに伝達致します。

******************************************

駒健問答(By関爺)に戻る。

カテゴリー: 駒健問答, 作者:関爺 パーマリンク

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中