駒健寸描(その4):寝待ちの爺ちゃん(Byまめ熊爺ちゃん)


手前の大部屋の奥の大部屋側の一番手前に大柄の爺ちゃんが目をつぶって、寝待ちしていた。

足下にしゃがみ込み、チンポを確認した。
太い、長い。
しゃがんで扱いてあげたら、まめ熊爺ちゃんのおちんちんを弄りだした。
ソフトに、ゆっくりと、亀頭をさすってくる。

抱きついて覆い被さると、キスを求めてきた。
舌が差し込んで、まめ熊爺ちゃんの舌に絡めてくる。
おっぱいを触ってみる。
ぴくん、と体が反応し、大きくのけぞる。

チンチン、竿、袋、大腿、蟻の門渡りと愛撫の範囲を広げ、菊門にタッチする。
「ア!」
といって抱きついてきた。

人差し指につばを付けて、挿入。
締まりが良く、なかなか受け入れてくれない。
徐々に、力を込めて、第2関節まで挿入。
拒否はなし。

まめ熊爺ちゃんのチンポを愛撫してくれるが、あまり気持ち良くさせてくれない。
指をぐりぐり動かす。
前立腺らしき膨らみを押してみる。
爺ちゃんの手が、まめ熊爺ちゃんの手を押さえる。
「やめて!」
「これ以上、されると、入れてもらいたくなる。」
入れて欲しいとの意思表示かと迷う。

まめ熊爺ちゃんも病気は怖いので、駒ケンでは入れないことにしている。
勿論、入れられるのは、絶対駄目である。

取り敢えず、爺ちゃんの足側に回り、両足を上げさせ、菊門に、指を入れる。
ぐりぐり、ぐりぐりかき混ぜる。
爺ちゃんのおちんちんは、天井を向いている。

出歯亀をしていた小太り父さんがおっぱいを弄りだした。
爺ちゃんの手が小太り父さんのおちんちんを弄りだした。

まめ熊爺ちゃんは、潮時と思って。小太り父さんの手を、爺ちゃんチンポに導いて、選手交代した。

暫くして、爺ちゃんを見に行ったら、先ほどの小太り父さんとは異なった二人に可愛がられていた。

今度は、まめ熊爺ちゃんが出歯亀をする番である。
爺ちゃんのチンポを愛撫していたお父さんの手が、まめ熊爺ちゃんの手を引っ張り、爺ちゃんのチンポを触らせようとし出した。

「このチンポは十分堪能したの」と心の中で叫び、出歯亀を中止した。

******************************************

まめ熊爺ちゃんの駒ケン寸描に戻る。

「お仲間の作品・投稿(禁18歳未満)」に戻る。

******************************************

カテゴリー: 駒ケン寸描, 作者:まめ熊爺 パーマリンク

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中