駒ケン寸描(その5):大部屋の二段ベッドの上で(Byまめ熊爺ちゃん)


ロッカーは大型スクリーンテレビと対抗した最下段だった。

下駄箱には、ロッカーが最下段になる場所は、その旨、コメントがあり、避けたつもりだったが・・・

ロッカーを解錠していると、

テレビを囲んでいるソファーに座っていた、お父さんから声がかかった。

「こんにちは」

記憶がない顔である。

「ごめんなさい。どこで、お会いしましたっけ」

「何、しらばっくれているのよ、ここに座ったら。」

おねえ言葉である。

お父さんでは無く、おばちゃんのようだ。

おねえさんの、隣に座っていた大柄なお父さんも笑顔で会釈をしてくれた。

虎さんのように、お仲間談義に加わろうかと迷ったが、取り敢えず、風呂と考え、越中褌ひとつになった。

おばちゃんから

「まあ、魅力的な褌ね!」

と声がかかる。

あやふやな笑顔を残し、褌も外し、タオルで前を隠しながら、階段を上る。

風呂を浴びて、ロッカーに戻る。

歯を磨き、髭も剃った。

勿論、あそこは念入りに洗った。

おばちゃんは居なかったが、大柄なお父さんがニコニコ笑顔を向けてくれる。

「じゃー、行ってきます。」

「楽しんできて下さい。」

(閑談休話)

暗い小部屋の入り口に、ロッカールームで会釈してくれた大柄なお父さんが近づいてきて、まめ熊爺ちゃんの後ろに立った。

まめ熊爺ちゃんのおちんちんは、もう、反応している。

強引に寄り掛かってみる。

避けない。

右手を後ろに回し、大腿を触ってみる。

お父さんが尻をさすりだした。

向きを変え、固くなったオチンチンを押しつける。

お父さんが、浴衣の上から、まめ熊爺のオチンチンが元気なことを確認する。

浴衣の前を割って、手を滑り込ませてこないので、自分で、浴衣の合わせ目を広げ、父さんが直接タッチしやすいようにする。

お父さんが、まめ熊爺ちゃんの唇を求めてくる。

まめ熊爺ちゃんもお触り開始。

お父さんのおちんちんも元気になっている。

「向こうに行きませんか」

と、まめ熊爺ちゃんが誘うと、無言で大部屋へ先導してくれる。

両方の大部屋とも、布団は一つも空いてない。

お父さんが、暗い小部屋に戻ろうとする。

「そっちは、嫌です。」

と、抵抗する。

大部屋の2段ベッドの上が空いていた。

「ここは」

と、お父さんが囁く。

まめ熊爺ちゃんが先に登り、浴衣を脱ぐ。

父さんも浴衣を脱ぐ。

寝転がった父さんに覆い被さり、唇を求める。

お父さんが両手でまめ熊爺ちゃんを抱き抱え、舌を絡ませてくる。

舌と舌を絡ませているだけで、おちんちんが爆発しそうになってきた。

お父さんのチンチンを扱きながら、おっぱいを舐め舐めする。

ピクッと反応した。

軽く、歯噛みをしてみる。

また、ピクッと反応し、まめ熊爺ちゃんを抱く両手に力が入る。

「ああ-」

と声を漏らした。

まめ熊爺ちゃんが、お父さんのチンポをしゃぶり出すと、お父さんもまめ熊爺ちゃんのおちんちんを舐り出す。

ふと、人の気配がするので、顔を上げると、出歯亀が、ベッドの柵に頬杖をついて、覗き込んでいる。

構わず、おしゃぶりを続ける。

出歯亀がお父さんのお尻を触りだした。

お父さんは、その手を払いのけた。

お父さんの袋、竿、亀頭と舐め舐めを続けながら、大腿、蟻の門渡りと撫で撫でをしまくる。

尻の割れ目をたどって、菊門に到達。

右手の人差し指の先に力を込める。

第一関節の半分ぐらい入る。

唾を付けて、押し込んでみる。

楽に、第二関節まで入る。

指をぐりぐり動かし、前立腺とおぼしき部分をつついてみる。

「いい、いい。」

そう言いながらしがみついて来る。

お父さんの手を、まめ熊爺ちゃんのオチンチンに導くが、ただ、触っているだけで、扱いてくれない。

おしゃぶりしている、お父さんの、オチンチンが固さを増し、しがみついている腕に力がこもりだした。

お父さんが、腰を引き、まめ熊爺ちゃんの口から、オチンチンを引き抜いた。

「出る~」

そう、叫んで、どばっと放出した。

まめ熊爺ちゃんは、向きを変え、お父さんのオチンチンを軽く握りしめたまま、お父さんに添い寝を続ける。

暫くして、

「有り難う。」といいながら、ティッシュで、まめ熊爺ちゃんの掌を拭いてくれた。

そのまま、浴衣を着直して、

再度

「有り難う。」

と言って、ベッドをおりていった。

いつの間にか、出歯亀は居なくなっている。

******************************************

まめ熊爺ちゃんの駒ケン寸描に戻る。

「お仲間の作品・投稿(禁18歳未満)」に戻る。

******************************************

カテゴリー: 駒ケン寸描, 作者:まめ熊爺 パーマリンク

駒ケン寸描(その5):大部屋の二段ベッドの上で(Byまめ熊爺ちゃん) への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    けんちゃん、けんちゃんってまるで17・8のガキみたいだね。
    けんちゃんと名乗られると、唯不快感だけが残る。後味の悪さだけが残る。    

    駒健は若くても40の後半か50くらいまでだろうが、このけんちゃんてカマトトの年齢は?

    けんちゃんとやらが、これを読んだ 反応が見たいよ。

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中