(志朗のエロエロ物語(3)):新・ウケ熟々父さん物語:その(1)~(3) By志朗


新・ウケ熟々父さん物語 その(1)

先ずは初おデートの際の、どことなく初々しい雰囲気を漂わせる二人の出会いの場面でございます。

ウケ熟々父さんは、年はとってもまだどことなくウブな感じをそこはかとなく漂わせているのでございます。

で、ここでウケ熟々父さんが少々緊張気味に、タチ男性の親指をそっと自分の口に含ませるのでした。でも、そのような仕草をすると言うのは、タチの熟年さんから致しますと、それがまた、とてつもなく初々しさを感じさせられ、更なる己自身の情欲の炎を滾らせられるのでございます。

そして、二人はどちらかとはなく、腕を双方の肩や首に絡ませるや、お互いの唇を重ね合うのでした。
こうして、その互いの唇の扉を少しずつ押し広げて・・

遂にはもう、互いの舌と舌が絡み合い縺れ合いながらも、それは、それは激しく唇を吸い合う二人なのでした。

次にタチ相方さんは、とうとうその欲望に耐え切れずに、ウケ熟々父さんの胸を触りはじめたではございませんか!

するとほとんど同時に、ウケ熟々父さんの左手がタチ相方さんの下腹部へと、するする~っと伸びたので御座います。

そして、とうとうウケ熟々父さんは、その両手で相方さんのベルトに手を掛けて、ズボンを脱がせようと・・

こうして二人は、一気に互いの下着までも総て仲良く脱がせっこして、終に二人は生まれたままの、素っ裸となったのでした。

で、二人は、取るものもとりあえず素早くシャワーを浴びるや、愛のWベッドへと直行したのでした。

しかも、ウケ熟々父さんの行動は、まさに電光石火のごとく、待っていましたとばかりに、タチ相方さんのいきり立っている、それは見事にズル剥けた太棹からその「ふぐり」へと、己れの指先を滑らせると、遂にその太棹を咥え込んだのでございます。

そして更にまた、タチ相方さんの太鼓腹から次第に舐め上げては、最後にはその右乳首へと舌を這わせてゆき、そこで激しく吸い始めたのでした。                                               つづく

新・ウケ熟々父さん物語 その(2)

タチ相方さんはウケ熟々父さんの右乳首へと舌を這わせてゆき、そこで激しく吸い始めたのでございます。

そして、更に身を捩じらせながら、次第に下腹部を激しく前後左右へと突き出すような動きを、始めたタチ相方さんなのでございます。

タチ相方さんが、ウケ熟々父さんのその熱く熟し切って蕩けるような茂みの奥へと、しきりに突き進みたがっているのをとっさに感じ取ったウケ熟々父さんなのでした。

で、ウケ熟々父さんの方も、すぐさま自身の口マ○コがその重責をまっとうすべく、活動をはじめたのでございます。

まずは女性のクリトリスの働きをするその舌先が、フル回転をし始めて、こうしてウケ熟々父さんの口マ○コとしての活動をスタートをしたのでした。

このようにして、ウケ熟々父さんの『舌先というクリトリス』が、間断なくタチ相方さんのチ○ポの裏筋沿いに這い始めたのでございます。

そして竿の中腹へと、そして続いてその付け根付近へと、リズミカルに這いまわったのです。

更にまた、ウケ熟々父さんは、その口マ○コ全体でそっくりそのまま、タチ相方さんのその太竿全体を挟み込むように吸いつきながら、前後左右へと愛撫に次ぐ愛撫を続けたのでございます。

そしてとうとうウケ熟々父さんは、なんとタチ相方さんの玉袋を一気に吸い着いたのです。

そして次の瞬間、その玉袋全体が、ウケ熟々父さんの口中へと、アッという間に深々と吸い込まれてしまったではございませんか!

更にその後、ウケ熟々父さんは、あたかもタマタマの感触を楽しむかのように、その玉袋を己が口オ○ンコから出したり入れたりと更に愛撫を繰り返すのでした。

そして、ウケ熟々父さんはそれらの行為を一休みすると、次には一旦、タチ相方さんのビンビンのチ○ポをも解放して、つくづくとその雄姿を己が両の目でその太さと逞しさを確かめるのでございました。

すると、なんとそのたった今解放したばかりのタチ相方さんのチ○ポの鈴口からは、既に先走り液がタラタラ、タラ~ッと流れ出ているでは御座いませんか!

それと同時に、ウケ熟々父さん自身の口マ○コからも、タチ相方さんの先走り液と自身の愛液たる唾液とが程よくミックスされて、ああ、これまた悩ましげな『白っぽい液体の涎』となって流れ出しているのでございます。                つづく

新・ウケ熟々父さん物語 その(3)

ここでまた、タチ相方さんの太くて逞しい一物をしげしげと眺めやり、十二分に納得したウケ熟々父さんなのでした。

で、そこからまたもやウケ熟々父さんは、今度は大きくその口マ○コを開くや、その愛しいタチ相方さんの太棹の中程まで、一気に飲み込んでしまったのでした。

こうして、ウケ熟々父さんは、わが口マ○コの中へその愛しい太竿を又また吸いこんだのでした。

で、暫くの間、その絶妙なる女性のクリトリスにも勝るとも決して劣らぬ、その己が舌先を十二分に駆使し始めた、ウケ熟々父さんなのでした。

そして又もや、タチ相方さんのその逞しくもいきり立っているその太棹を、まるで弄ぶが如くに、それはもう、いやらしくもネチネチ・チロチロと、その太棹のあらゆる部位に満遍なくクリの舌先を転がせ始めたウケ熟々父さんなので御座います。

で、そのあとウケ熟々父さんは、一旦カリの根元をえぐる様におしゃぶりをし、タチ相方さんを喜ばせてから、更に今度は、その太竿の鰓の辺りをグイグイっとこれまた満遍なく愛撫し捲ってから、やおらポイっと口マ○コの外へと解放したのです。

するとそのタイミングでタチ相方さんは、「う、ウ~ん」と低い善がり声を発しながらも、遂に堪らず、その超怒脹しっぱなしの太棹チ○ポの先端からは、今やもう、トクトクっと我慢汁のかなりの量を流れ出してしまったのです。

ここからは、すでに我慢の限界に限りなく近づいていたタチ相方さんなのでした。

その、チンポの先端からは、甘美で透明な液体が後から後から流れ出てしまっており、ウケ熟々父さんの舐め取るのが間に合わない程なのでございます。

そして、タチ相方さんの方もその際の、ウケ熟々父さんの口マ○コのクリトリスでもあるその舌先で、その絶妙なるチロチロレロレロとやらしくもしつっこくクリで触れられるその感触が、もう、どうにも堪らなくなってしまったのでした。

そしてその都度思わず知らず、わが身を打ち震わせてしまったタチ相方さんなので御座います。

それこそは、もう、タチ相方さんのその超勃起チ○ポにとっては、ソフトながらも、一段と更なる快感が増幅されたのでした。

そこでとうとう、遂に堪らず、タチ相方さんは感極まって、「オッ、オッ、お~ッ!」っと、
それは、それは野太く吠える様な大きな善がり声を発してしまったのです。

そして、それがまたラブの天井に跳ね返って、益々大きく反響して、部屋中いっぱいに広がっていったので御座います。
つづく

*************************************************

( 志朗さんの了解を得て(ゲイの老け専出会い)「お爺さんの玉袋」に掲載されたものを転載させて頂いています。但し、原作には多くの写真が掲載されていますが、公開を控えた方が良いと判断し、転載しませんでした。)

・「志朗のエロエロ話(By志朗)」に戻る。

・「(志朗のエロエロ物語(3)):新・ウケ熟々父さん物語:その(4)~(6)」にすすむ。

*「お仲間の作品・投稿(禁18歳未満)」に戻る。

カテゴリー: 志朗のエロエロ話, 作者:志朗 パーマリンク

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中