駒健問答第93話:新館オープンしての敬老デー(By関爺)


 

虎: 新館オープンしての敬老デーの駒健に行ってきました。

関爺: では、完全オープンですね、新館も完成したのですね。

虎: ロッカーも増やすので、それほどの待ち合わせにならずに済むだろうとのことだったが、俄かに信じ難く、早目に家出たので、9時ちょっと過ぎに駒健に入館。
記念の紅白饅頭を頂く。

関爺: 紅白饅頭を?
これで、今回の目的の半分は達成できたと言う訳ですね(笑)

虎: 確かに、ロッカー、休憩室は比較的ゆったりしていたけど、風呂に行ってびっくり。
正に、芋の子を洗うが如し。
早速風呂に入り、袖擦り合うも、ならぬ、脚触れ合うも多少の縁、ということで、芋の子を握らせて貰う。
洗い場も一杯なので、とりあえず、スチームサウナに。

関爺: 虎さんに取りましては又とないチャンス!
勿論遠慮する様な貴方では有りませんが、天下ご免で好きなだけ湯船の中で握れますね、まさに芋の子を握るを絵に書いたような情景だ。
取り敢えず?
ハハハ、スチームサウナは虎さんの社交の場でも有り挨拶を交わす処でも有ると。

虎: 運の良いことに、いいチンボの男との扱き合い。
お互いにビンビンで気持ちいい。
こんな時、来たばかりでも、出してしまった方がよいのか、せめて昼までは我慢した方が良いのか迷う所ではある。
まあ、流れに任せて、なるようになればいいか、と思っていたら、相手の男も同じだったようで、
「ああ、駄目だ、射ってしまいそう。せめて昼まで持たせたいから、また後で」と言うので、
「そうだね、また昼からでも、会えるといいね」と同意する。

関爺: 虎さんそこで迷っては行けません、射って仕舞っても宜しいのでは?
ここのところ2度目の射精は皆無でしょう?
今出せば午後からは2度目も可能だと思いますがね、
虎さん出せよ出しなさいよ
貴方の口先一つで、2度目も絶対に出来ますよ。

虎: スチームサウナを出ると、運良く洗い場が1つ空いていたので、そこで、身体を洗う。
隣にちょっと素敵なお父さんがいたので、覗き込む。
ウーン、モノもいいなあ。
だけど、そのお父さんは直ぐに洗い終え、風呂場を出て行ってしまった。ウーン残念。

関爺: 相変わらずだね、洗い場に座った虎さんは気もそぞろ、
隣の人の股間を覗き込む!これは並の人では出来ない行為です、恐れ入谷の鬼子母神 いいモノを携えて居たのですね、エエッ逃げられた?
久振りに取りこぼしを・・・逃がした魚は大きいとよく言ったものだ、と、臍を噛む虎さん。

虎: その後も一進一退。
帯に短し、襷に長し。
いいなあと思っても、直ぐ終わったり、硬くなってこなかったり。
それで、一服と喫煙室にいく。
喫煙室は飲食禁止。
そして新館2階休憩室は禁煙。
酒飲みの喫煙者にはなかなか大変みたい。
それに、今日は来館者が多かったのか、やはり待ち合わせになっていた。

関爺: 新館は出来たものの慣れるまでは大変だね、
何時だったか大阪の「ロイヤル」の新館がオープンした時、3階で新旧が繋いであり、余りの広さに迷いに迷って北の大広間から南の大広間に行くのに便所の中を横切って居たっけ、
勿論大浴場も喫煙室、便所も全て変更には困りましたね。

虎: それから、更衣室では、やはり自分の脱いだものがなくなったりで、困っている者がいた。
やはり、風呂にはフェイスタオル1枚でいくしかないのかな。

関爺: ハハハ、これは昔の虎さん貴方の姿を見ている様だね、
良く脱衣所でガウンを盗まれて、慌てた貴方は右手でチンチンを隠してフロントまで、泣きついて行きましたね、
その時決まって虎さんのドジ!、盗まれたら逆に盗み返すのだよと、何時も関爺と言う怖い爺さんに怒られて居ましたね。

虎: 昼にしようと、2階休憩室(食事室)にいくが、やはり、入り込むスペースがない。
小部屋にいた二人が席を空けてくれて、なんとか食事をすることができたのだけど。
これも今日の入館者が多すぎたためかな。
ここで、83歳になるというお父さんが、いつも頭叩き、顔マッサージ、筋トレ、チンボマッサージ、鼠径部、腿、脛、足等のマッサージ、それにウォーキングを続けている、というだけあって、若々しさを保っている。

関爺: はいはい、また例の如く獲物に眼を付けた様だね、
ですが83歳の爺さんのそうした体力維持の詳しい処まで良くご存知で!
はいはい解って居りますよ、以前、根堀葉掘り聞いたのだったね。

虎: 特に胸がプックリしていて、素敵だった。
「素敵な胸ですね、ちょっと抱かせて」と言って抱かせて貰う。
「こんなお爺ちゃんのモノでも吸ってくれたら、金を出してもいい」と言っている。
「そんな、金など出さなくても、いつでも吸わせて貰いますよ。汁でも出してくれればいいのだけど」と言っておいたが・・・。
食事の後、再度風呂に行く。

関爺: 相変わらず口先三寸で出任せでも有るまいが・・・「素敵な胸ですね、ちょっと抱かせて」流石だ
私の口は開いたままで閉じられない、
そうよ~開いた口が塞がらないって言ってるのよ。

虎: スチームサウナに行くと、入口で一杯。
中を覗き込んでいると、入口にいたちょいデブの若い男が私のモノを握ってきた。
少し相手をしていると、「吸ってくれ」と言われるまま吸ってあげると、ここは暑いから、上に行こうと誘われる。
特に気に入ったわけでもないけど、まあいいか、と上に行く

関爺: 虎:さん、全くタイプ外でしょう?
最近また昔の誰專に戻った様ですね、
デブ嫌いの虎さんが誘われて3階にね~
「まあいいか」、何時から奉仕型に成ったのですか。

虎: 初めのうちは私のモノを扱いてもくれていたが、吸ってくれ、と言われ、吸っていると、私のモノの扱きは疎かになり、
「吸うのは好きか?」とか
「ガタイのいい男は好きか」(自分ではガタイのいい男だと思っているみたい)とか、
果ては「俺の女にならないか」と言い出す。
そんな気は無いと応えると熱も冷めたみたいで、手を出してきた男とやりだした。

関爺: このデブばっかじゃないの?
己のデブをガタイが良いと勘違いしてる、
虎さん言ってやれば良いのに、
このデブ解って居ないかもよ、「貴方眼科に行けば?」とね、
事も有ろうに駒健の寵児の虎さんを捕まえて
「俺の女にならないか」って?
「貴方が私の女になって」と言いなさい
太めの男のアナルは締りが良くていいらしいよ。
虎さんご免ご免、貴方タチが出来ないのだった。

虎: 私の方も、眼鏡の男が私のモノを扱いてくれていたので、その男のモノを扱こうとすると、扱かれるのは嫌だと言う。
他人のモノを扱くのは好きみたいで、私が男のモノの扱きを止めた後も、せっせ、せっせと扱いてくれる。
まあ、いろいろな男がいるものですね。

関爺: いろいろな男も居るものだね、貴方もその一人だがね。

虎: 男が「扱きは強い方がいい?弱い方がいい?」と聞いてくる。
「弱い方が気持ちいいけど、時に強く、がいいかな」と応える。
男の扱きにこたえなければ、なんて思ったせいか、男の扱きが合っていたのか、そんなタイミングだったのか、急速に昂ってきて、
なんとか、射くことができたのだった

関爺: なんとか、射く事が出来たのだった?
無理をして出している様にも聞こえますがね、
それに何時もだが、急速にでは無くてさ~、堪には出そうだが、我慢して我慢して限界が来たので、堪え切れずに思いっきりドバーと噴射したのだったと、この様な射精を聞かせてほしいな~~

虎: 風呂の後、喫煙室に行くと、大分前、確か土曜日の男に逢った時、その向かいにいた、ちょっと素敵なお父さんがいた。

関爺: ま~~よく覚えているね~、
だが、また嫌な予感だ、獲物に眼を付けた時の予感だ。

虎:「確か、お父さんて、青森にいたことがあると言っていたお父さんじゃない?うろ覚えで悪いのだけど」と聞くとそうだと言う。
それから、お父さんの回顧話が始まる。
奥さんとのこと、結婚前に付き合っていた女性のこと、息子さん、娘さんのこと。
ここに来始めたこと、昔の仕事仲間とのこと・・・。

関爺: 虎さん、似た様な者同士だが、其の様な長い長い話に付き合ったのかい?
多分貴方の方で話が聞きたくて、質問したのでしょうね。

虎: たまたま二人だけになった時、
「そういえば、あの時、お父さんのモノを握らせて貰ったんですよね。又握らせて」と言って、握らせて貰う。
お父さんも私のモノを握ってくれる。もうビンビン。

関爺: 虎:さん 本気で其の様な事を言ったのかな?
そうだね~虎さんあんたなら平気で言いそうだね。
握る前に散々誉めそやしたのだろうね、虎さんのことだから。

虎:「なんだ、こんなにデッカクして」と言うので、
「素敵なお父さんのモノを握ったり、握って貰っているからね」と暫しの時を愉しむ。

関爺: ま~~この虎さんと来ら、乗せる事も旨いが、また世辞の旨い事、
こうして何だかんだと言いながら年寄りを手玉に取るのだ。

虎: 人が入ってきたので、射精までにはいたらなかったけれど。
タバコを吸うのも、時として、こんないいこともあるから、やはり、やめられない。

関爺: 何~~??虎さん、喫煙室で年寄りを口先三寸で旨く乗せてたらし込んで居たのかい?
信じられん。
人が入って来なければ、喫煙室で射精をしていたのかい?
ま~、虎さんなら遣りかねないが。

虎: 新館オープンということだったけど、3階はちょっと豪勢な個室(利用料が2500円とか)1階は風呂とか聞いたけど、両方とも、覗くのを忘れた。
そう言えば、社長が会長になり、若い男が社長になられたとか。
駒健がどう変わっていくのか。

関爺: 芋の子を洗う事に専念して居たせいで、新館の見学も忘れて居た様だね、
考えて見れば貴方が何時も必ず行く、2段部屋や、檜の間の事も書いて居ないが、どうなってるのかな?
駒健の、形態は変わりませんよ、虎さんと言う誰專の口先案内が居る限りは、この駒健は永遠に不滅ですよ。

[形はどうあれ、今日もなんとか射くことができ、やれやれだった 虎より]

[やれやれだね、射く事のみが目的で駒健詣でかな?折角だからもっともっと楽しまなくちゃ~ 関爺]

******************************************

駒健問答(By関爺)に戻る。

*************************************************

感想、ご意見、ご批判がございましたら、コメント欄に。ご記入下さい。管理人が責任を持って、その旨を関爺さんに伝達致します。

カテゴリー: 駒健問答, 作者:関爺 パーマリンク

駒健問答第93話:新館オープンしての敬老デー(By関爺) への3件のフィードバック

  1. 管理人 より:

    きっと、ごったがえしていたのですね、今回は、虎さんの行動範囲が狭かったように感じますが、「一進一退」の間に、動き回ったのかな

    芋の子(浴槽)⇒☆いいチンポの男(スチームサウナ)⇒ちょっと素敵なお父さん(洗い場)⇒☆帯に短し、襷に長し(複数)⇒☆83歳のお父さん⇒☆少しデブの男(スチームサウナ→3階)⇒★眼鏡の男(3階)⇒☆青森のお父さん(喫煙室)
    (☆は扱きあった相手、★は射精させられた相手)

    新館の情報を期待したのですが、それどころでは無かったようですね・・・
    さらっと流していますが、少しデブの男から、眼鏡の男に相手が変わり射精までプロセスは、虎さんの面目躍如ですね。

    他人を気にして、青森のお父さんに射精をさせて貰えなかったのは残念でしたね、口八丁、手八丁で、お父さんに頑張って貰えば良かったのにね

    虎さんは、1回の射精はその後に、影響しないのですから、我慢した射精がもったいなかったですね.次回は出し惜しみせずに、爆発させて下さい。

    • 関爺 より:

      きっと、ごったがえしていたのですね、今回は、虎さんの行動範囲が狭かったように感じますが、「一進一退」の間に、動き回ったのかな

      ⇒「お仲間談話室」のオーナー様この度もコメントを頂きまして有難う御座いました。取り敢えず虎さんも最後には射精出来た様で安堵しました。
      ですが、一番良い処で出し惜しみをした事は残念でしたね、ドバーと噴射させてから、2度目を目指してハンティングすれば最高のシナリオに成りましたが。

      芋の子(浴槽)⇒☆いいチンポの男(スチームサウナ)⇒ちょっと素敵なお父さん(洗い場)⇒☆帯に短し、襷に長し(複数)⇒☆83歳のお父さん⇒☆少しデブの男(スチームサウナ→3階)⇒★眼鏡の男(3階)⇒☆青森のお父さん(喫煙室)
      (☆は扱きあった相手、★は射精させられた相手)

      ⇒ちょっと、ちょっと、貴方は出歯亀だけでは飽き足らず、ストーカー行為までやったのですか、虎さんが扱かれた☆の数まで数えてはたまた射精した★まで見届けて、それではまるで、歌舞伎の黒子そのものでは有りませんか、何と恐ろしい事を、もの陰から虎さん達の行為を見ながら自分の魔羅を硬くさせて、扱きながら楽しんでいたのですねッいやらしい人だ。

      新館の情報を期待したのですが、それどころでは無かったようですね・・・

      ⇒知らざ~~言って聞かせやしょう~~「老いのときめき」に駒健の新館の事が細かく掲載してありますよ。

      さらっと流していますが、少しデブの男から、眼鏡の男に相手が変わり射精までプロセスは、虎さんの面目躍如ですね。

      ⇒そうでしたね、我がデブを筋肉質と履き違えていた男だね、ですが、他の男の手や脚で、あッ間違えた口でめでたく射精まで漕ぎ着けたのだから良しとしましょう。

      他人を気にして、青森のお父さんに射精をさせて貰えなかったのは残念でしたね、口八丁、手八丁で、お父さんに頑張って貰えば良かったのにね

      そこが虎さんの悪い癖でも有りますが、優しくて思いやりの有る虎さんです、
      ⇒(度助平が玉に傷だが)自分が好きな人でも譲って仕舞います、後悔もしますが。

      虎さんは、1回の射精はその後に、影響しないのですから、我慢した射精がもったいなかったですね.次回は出し惜しみせずに、爆発させて下さい。

      ⇒虎さんにその旨をメールで伝えて置きましょう、あれッ虎さんもこの「駒健問答」を読むのだったよ。

      • 管理人 より:

        関爺さんの指摘された情報は、老いのときめき2012に投稿された、あまねさんの【新館オープン(あまねさんのハッテン場体験 No14)】ですね。

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中