駒健問答第102話急速に昂ってきて・・・(By関爺)


虎 7月5日駒健に行ってきました。(1000円券で入館)
この日も、これといったいい事はありませんでした。
例によって、スチームサウナで扱き合いをしていると、お爺ちゃんに上に行こうと誘われる。

関 おや、今日はハナから幸先がいいようだが、良い事が有りそうな予感がするけどね、果たしてどうだろう
期待を膨らませる関爺が”鵜の目鷹の目”だよ。

虎 それで、お爺ちゃんに続いてスチームサウナを出ると、前々回、最後に新館3階で出してくれた、強面のお父さんにばったり。(このお父さんは、屋上で逢った後、新館3階で待っていてくれたお父さんとは別のお父さん)
聞くと、今日もこれから個室に行くのだと言う。

関 おやおや、事もあろうに虎さん鬼門の個室に誘われたのかい?
残念だね~、
その強面のお父さんは「今度会ったら即遣ろうな」と言って呉れた素敵なお父さんでは無いのだね?
では二週続けて同じソファーに居て握らせて貰ったお父さんでしょう?
今はっきり思い出したよ、
虎さんが急速に昂って来て射きそうになり床にタオルを広げて「ここに出せばいい」と言って呉れた優しい強面のお父さんでしょう?
人は顔で判断出来ないね。

虎「6号室だから来てもいいよ」と言ってくれたけど、相手がどんな男かも分からないし、どうも個室は苦手なので、遠慮する。
一応、抱き合い、モノを握らせては貰ったけど。

関 何!では3Pの仲間に誘われたのですね?
あぁ~なんて事を、
勿体無いね~
またとないチャンスを・・・
そうでした、貴方には個室は鬼門だったね、
チンポが勃たずの部屋だったのだ。

虎 あれっ?
そういえばお爺ちゃんは?
見失ってしまった。
ごめんね、お爺ちゃん。
この後、新館2階休憩室に行くと、年下だけど、お爺ちゃんに見える、酒飲みの男が一人でいたので、一緒にいてあげる。
といっても、酒の相手はできないので、専ら話をしながら、お父さんのモノを握らせて貰っていたのだが。

関 見失った?
やっぱり昔のようにドジなんだね、
いやに優しい虎さんだと思ったら、話相手の振りをして魂胆が有ったのだ、
話しながらチャッカリ魔羅を握り扱かせて貰った居たのだ。

虎 あまり、握ったり、握られたりには興味がないようだけど、最近は私の好きなようにさせてくれている。
この後、昼にでもしようかと、用意していると、抽選会の放送があった。
そうか、今日は抽選会があるから来たのだった。
まあいいか、と参加を見送る。

関 何故?
何時もくじ運の良い虎さんが抽選会を見送る?
やはり賞品よりもチンポを握って居た方が良かったのだ、
虎さんらしいね。

虎 昼食後、館内探索しようかと、屋上に行くが、雨が降ったせいか、閉鎖されていた。
3階2段部屋入口にいくと、男に捕まってしまった感じで、扱かれ、扱かれ、銜えられ、急速に昂ってくる。
「ああ、射きそう」と言うと、男も嬉しそうに「射って!射って!」と言うので、あっけなく、男の口の中に出してしまったのだった。
これでは、ホモ映画館と変わりないな。(映画館には行ったことがないけど)

関 おや、不思議だね~
その手の映画館には行った事は無いと?
上野駅の13番ホームのトイレには何度も覗きながら・・・
では伺いますが何故映画館のこと詳しくを知ってるの?

[駒健問答のUPが終了して良かったな、と思っている 虎 より]
今回もメールするほどのことでもないけど、一応メールしておきますね。

「最近は、報告が短編になりましたね、返信が楽ではあるが何か物足りなさを感じます、関爺より」

************************************************
では、私も報告を頂いたから取り敢えず、返信しなくてはね。

追伸 先日久振りに大阪へ行って来ました。その時の相手が是非日記に載せろと言います、載せないの?と催促が有りました、
赤裸々に書けばかなり卑猥なものになるが、良いのかなと言えば、その方が嬉しいと・・・
関爺の今までにない、エロい描写になるが良いかと言えば、そのままを書いてくださいと・・・

虎さんには、先日の様に別便で書けたら送りますね。この日記は後日「大阪はロイヤルにて」と言うタイトルで掲載して居ります。

関爺

***************************************************
虎 前回、最後に新館3階で逢った、強面のお父さんに、大体5のつく日に来るようにしていると言った手前、25日に行ってきました。
このお父さんには逢えなかったけど。

関 と言いますと、屋上でお会いして、3階のソファーで虎さんを待って居た人だったかね?
歳を取ると物忘れが酷くてね~~

虎 どうも、火曜ということで人が少ない感じ。
桧の間に、いいチンボの親父さんが行ったので、身体を洗うのもそこそこにして、桧の間に行き、「素敵なチンボですね。握らせて」と言ったけど、恥ずかしがってか、手でガードし、握らせて貰えなかった。

関 「素敵なチンポですね。」は良いが、いきなり「握らせて」と言えばそりゃ~驚いで隠すでしょうよ。

虎 そこに、若い男が来て、これまたいいチンボをおっ勃てて誘うので、直ぐ応ずる。

関 なに?若い男がチンポをおっ勃てて、虎さんあんたを誘ったのかい?
そりゃ~応じるでしょうよ、
誘われなくても、チンポに食らいつく虎さんだものね。

虎 暫く扱きあっていると、若い男が「ああ、駄目だ、射きそう」と言ってやめようとするので、
「若いから、2、3度射っても大丈夫だろう」と言うと、若い男もその気になって、扱き合いを続け、ほどなく、勢いよく、どびっ、どびっとぶっぱなしたのだった。

関 相変わらず、煽てや乗せる事は旨いね~
今まではその言葉を、私たちが虎さん貴方に言っていた事でしょう?
へ~~その檜の間でかい?
そこには虎さんに握らせ無かった親父さんも居るのでしょう?

虎 この後、館内を周り、旧マッサージルームにいくと、横になっていた男が起き上がり、私のモノを扱き始める。
なすに任せていたら、意外に気持ちよくなって、射きたい時に射ってしまったほうがいいかな、と思ったら、急速に昂ってきて、あえなく、射ってしまったのだった。

関 誰かが来るのを待ち構えて居た様子、それにまんまと引っかかった虎さんだね、
そうだよ射きたい時に我慢せず射った方がいいですよね、
先程若い男を煽って射かせたばかりだしね~
何?
急速に昂って敢え無く?
期待はずれだよ!
ドビッ、ドビッと大量の精液が相手の顔までぶっ飛んだと書いて欲しかったがね~~

虎 昼食をとり、少し休んだ後、3階2段部屋にいくと、朝桧の間で逢った、いいチンボの親父さんと、かっこいい感じの親父さんが来て、二人で扱き合いを始める。
二人に近寄っていくと、かっこいい感じの親父さんが私のモノを握ってくる。

関 何だ、虎さん今度は出歯亀かい?
やだね~
2人の楽しみを邪魔しちゃ~、
何?
かっこいい親父さんが虎さのチンポを握って来たと?
虎さんに似た様な人が居るものだね。

虎 私のモノが大きくなったためか、かっこいい親父さんが上に上がろうと誘う。
それで、いいチンボの親父さんも、と誘ったのだが、応じて貰えなかった。

関 人の男を横取りした様な形だね、その内に天罰が当たりますよ。

虎 初めのうちは結構元気だったのだけど、やはり長持ちしなくて、元気がなくなってきてしまった。
隣で、たまに見かけるよく日に焼けたお父さんがいたので、このお父さんのモノも握らせて貰ったけれど、元気にならなかった。
お互いに「まあ、いろんな時があるからね」と慰め合って風呂にいく。

関 やはり、人が楽しんでいる最中に横取りをした罰だよ、
何なに?
元気が無くなって日焼けのお父さんのチンポを握らせて貰う?
それは逆でしょう?
握って貰わなきゃ~勃たないでしょうが、やっぱり天罰だ!

虎 今日も、結構いろいろの男と話し込んだりした。
たまに見かける、奥目のいい男は75歳から85歳位がタイプだといいながら、目当てのお爺ちゃんがこなかったせいか、随分と話し込んでしまった。

関 75歳から85歳くらいがタイプ?これは「桶專」と言えるでしょうね。

[今日も、取り立てて話すようないいことは無かったから、メールしなくても、とも思ったけれど、一応行ってきた、ということで。
元気が保てないのは日頃の不摂生、運動不足のせいかな、タバコの吸いすぎも影響しているかな、と少し反省している 虎 より]

[こうして、毎回のように報告をしてくれる虎さんに感謝して居る関爺です]

************************************************************

博多での、省一郎さんとのこと、感想を、ということでしたので、日記にUPされるのかな、と思ったけど、
UPされてないようですね。
確か、この前も省一郎さんでしたね。
もう、関さんの新しい恋人と言っていいのかな。
二人共、立派で、元気一杯のモノだから、愉しさも倍増するのでしょうね。
顔とか、身体つきとかも関さんの好みであれば、尚更ですね。
良かった、良かった。
やはり、この道のプロはやることが違いますね。これからも、元気一杯のご活躍を続けて下さいね。

ちょっと、そこのあんた!
キョロキョロしないで、
あんたですよ虎さんの事ですよ、
その道のプロ?
もしかして私の事?
それはあんた、虎さんに関爺が言うセリフですよ。
済まなかったね~
省一郎と関爺のチョメチョメは先程送りましたよ、
「駒健問答」もあのくらいド派手に書かなくてはね~~、
読者のチンポは勃起しませんよ。
この省一郎の事も別の日記に載せましたよ。

******************************************

駒健問答(By関爺)に戻る。

*************************************************

感想、ご意見、ご批判がございましたら、コメント欄に。ご記入下さい。管理人が責任を持って、その旨を関爺さんに伝達致します。

カテゴリー: 駒健問答, 作者:関爺 パーマリンク

駒健問答第102話急速に昂ってきて・・・(By関爺) への2件のフィードバック

  1. Ichi爺 より:

    お詫び

    私の今朝「熟年男性専科2」の駒健問答第102話へのコメントは第101話に対するものですが、第102話に投稿してしまいました。
    関爺さんに負けないように、呆けが加速しているためです(涙)

    ところで、再開前の駒健問答の最終号の第100話は関爺さんが熟専2に2013年5月6日に投稿されましたから、5月18日か5月25日の虎さんの武勇伝ですね。

    内容から判断すると第101話は6月の敬老デー、第102話は7/5と7/25の話ですね。

    投稿終了後も、関爺さんと虎さんとの間では駒健問答は「駒込漫遊記」として継続していたのですね。恐らく、まだ10話ぐらいのストックがあるように推定しています。

    ストックが尽きるまでは、駒健問答=駒込漫遊記を介しての関爺vs虎さんの交換日記になりそうで、これまとは異なった駒健問答になるこが期待できます。
    もし、そうであれば、駒込漫遊記の関爺さんのつっこみには発表を前提としない気の緩みがあることが、予想されます。僭越ですが、発表前に見直して下さることを期待しています。

    虎さんは6月の敬老デー、7/5、7/25と順調に登りつめていますね。羨ましく感じます。
    これだけ、精力を使っているのですから、生卵となどケチなことを言わず、鰻重付きすき焼きでもご馳走して上げて下さい。

    虎さんは、相変わらず個室は避けているようですが、アナルの修行はどうなったのでしょうか、興味津々です。

    駒健は新館ができて、雰囲気が多少変化したような噂を聞きます。夏期は屋上が賑わったとも聞いています。そんな話が103話以降で出てくることを期待しています。

    • 管理人 より:

      (関爺の代理として投稿)
      私の今朝のコメントは第101話に対するものですが、田尾102話に投稿してしまいました。
      関爺産さんに負けないように、呆けを加速しているためです(涙)
      ⇒わッ!意地悪だッ一難去ってまた一難だ!本当に貴方の呆けは加速して居りますね、たったの2行での変換ミスが・・・呆けだと言う証でしょうね。敢えて言わないよ探してご覧!(笑)長~いコメントだね、有難う御座います。(苦笑)

      ところで、再開前の駒健問答の最終号の第100話は関爺さんが熟専2に2013年5月6日に投稿されましたから、5月18日か5月25日の虎さんの武勇伝ですね。⇒多分そうだと思いますが、面倒くさいので貴方の判断にお任せしましょう。 呆けが益々加速して下り坂を転ぶ様に進んでる関爺ですから・・・・

      内容から判断すると第101話は6月の敬老デー、第102話は7/5と7/25の話ですね。
      ⇒はい、それは間違いありませんね。多分と付け加えましょうね。今箱根駅伝の6区を駆け下りて居ります、呆け爺ですから・・・・(笑)

      投稿終了後も、関爺さんと虎さんとの間では駒健問答は「駒込漫遊記」として継続していたのですね。恐らく、まだ10話ぐらいのストックがあるように推定しています。
      ⇒そこは 律儀な虎さんです。辞めますと言いながらも水面下で密かに関爺宛に駒健での武勇伝をせっせと送り続けて下さいました。
      ストックも溜まって居りますが、関爺は虎さんほど几帳面では有りません私の歯の様に抜けたところも有るでしょう。

      ストックが尽きるまでは、駒健問答=駒込漫遊記を介しての関爺vs虎さんの交換日記になりそうで、これまとは異なった駒健問答になるこが期待できます。
      ⇒予定としては、101からは駒健漫遊記とする積もりでしたが、これまで通りに駒健問答で進みます。筆者も呆けが痴呆症寸前で、簡単な方を選択しました。

      もし、そうであれば、駒込漫遊記の関爺さんのつっこみには、発表を前提としない気の緩みがあることが、予想されます。僭越ですが、発表前に見直して下さることを期待しています。
      ⇒これこれ、Ichi爺さんよ、呆け老人を虐めるでないよ、上記に述べた通りです。 駒健問答一本槍で進みます、
      内容は同じでしょう?
      虎さんと関爺の凸凹行脚だから・・・
      もう既に出来上がって居ますので今更と言う感が有りまして。
      内容を変えたいのであれば、虎さんに「浅草の24会館」で女装子と遣らせるかね?
      かの虎さんでも尻尾を巻いて36景でしょうね、(爆笑)

      虎さんは6月の敬老デー、7/5、7/25と順調に登りつめていますね。羨ましく感じます。
      これだけ、精力を使っているのですから、生卵となどケチなことを言わず、鰻重付きすき焼きでもご馳走して上げて下さい。
      ⇒ンま~優しいIchi爺さんですね、昔 虎さんが言いましたよ。鰻は食い飽きたと。
      毎回毎回駒健で生の活きの良い鰻をたら腹食ってるから、焼いた鰻は駄目だと。

      虎さんは、相変わらず個室は避けているようですが、アナルの修行はどうなったのでしょうか、興味津々です。
      ⇒知らざ~言って聞かせやしょう!「浜の真砂と五右衛門が歌に残した盗人の・・」ありゃ~脱線してしもうたわい(笑)
      3階の個室は虎さんに取りましては鬼門なんです、アナルの開発の先生がいい加減な自己中な男でして、虎さんがアナルの洗浄に行ってる最中に己だけ楽しんで、階段を涼しい顔をして下りて来たんだと、それ以後は勃起不全に落ちって居ますね、
      成功(性交)も1度だけ他の人とは有りましたがね。
      アナルの開発の先生は、私はタイプでしたがね。

      駒健は新館ができて、雰囲気が多少変化したような噂を聞きます。夏期は屋上が賑わったとも聞いています。そんな話が103話以降で出てくることを期待しています。
      ⇒それは、次回のお楽しみに・・・必ず屋上の事は出てきますよ。

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中