バイアグラのジェネリック


バイアグラは日本では、医者の処方箋に基づかないと、購入できない薬である。

通常、そのような薬は国が薬の値段を決めている。

その値段を薬価という。

しかし、バイアグラには薬価はついてないので、薬局で売値を決めることができる。

管理人が知っている薬局では1500円/碇である。

 

製薬会社は、薬の開発に膨大な資金を投入している。

また、開発した薬が簡単に模倣されないように、特許網を構築して独占権を確保している。

 

特許が切れると、売れ筋の薬は、有効成分が先発品と全く同じの後発品が販売される。そのような薬はジェネリックと呼ばれていて、先発品に比べてかなり安い薬価が付けられる。

 

バイアグラはファイザーが独占的に製造販売してきた薬である。

ところが、特許が切れ、バイアグラのジェネリック薬品が発売され始めたようだ。

 

但し、それほど、大きな価格の下落は無いとのことである。

 

参考情報

バイアグラのジェネリック医薬品について 

ニュースを斬る。バイアグラにも価格破壊? ジェネリックの登場で3割下がる可能性も

 

 

 

カテゴリー: 健康・病気・お薬の話し パーマリンク

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中