(体験談)お爺さん好きな訳(10-3、10-4)(Byあき)


お爺さん好きな訳10−3

新劇で知り合ったお爺さんは、隔週で映画館に来るようで、いない時もたまにありました。

そんな時、私は、館内を探索してみました。

いろんな事が分かりました。

全館、老け専なのですが、一階は、ノーマルな老け専。

二階は、女装エリア。

但し、後ろの立ち見は、ノーマルな老け専と女装の混在。

勿論、寅さん等を上映していますから、一般の方もいらっしゃいますが、ごく稀な様です。

 

女装の方も二階の休憩室に座っていて、お爺さんからのアプローチ待ちの様子。

見てみると女装さんの年齢も高め。

若い女装さんは、殆ど皆無。

二階席では、その女装さんをお爺さんが扱いたり、舐めたり、終わる度に外に出ていき、帰って来ると別のお爺さんが隣に座る。

ビックリしたのは、二階の通路で、女装さんが全裸でお尻を叩かれているのを見た時と、女装さんを壁に押し付けて、サラリーマンがアナルセックスをしていた時。

通路じゅうに、呻き声が響いて、自分も声を出すのですが、他人の声は、気色悪いと思った事。

何かこの映画館は、凄いなぁ〜! と驚きました。

お爺さん好きな訳10−4

浅草新劇で、知り合ったお爺さんとは、映画館で顔を合わせると、その都度トイレに入り、フェラチオをし合い、時折、私のアナルに、ぺニスを挿入して貰う事があり、欲求は、満たされていました。

そんな関係が、暫く続いたある日、私とお爺さんが、映画館で離れ離れになっている時に、一人のお爺さんが、私が二階の休憩室にいる時に、話し掛けて来ました。

「ちょっといいですか?」

「はい!」

「貴方がパートナーとトイレで、楽しんでいるのを少し前から、羨ましく思っていて、君達二人が、トイレに入っていくと私もトイレに行って、声を聞いていたんだよ!」

私は、一瞬「この人は、何を言っているんだろう?」 と耳を疑いました。

言うなれば、覗き???じゃないですねぇ〜、

盗聴???

でも無いですね!

その方は、続けて「御免ね!気持ち悪いと思われるかも知れないけど、ここにいる、他のお仲間さん達とも、あのお爺さんは、良い相手を見つけて羨ましいねえ!という話をしていて、いつか君とエッチがしたいな!と思っていたんだよ!」

「だめかなぁ〜?」

私は、答えを出せませんでした。

お付き合いをしている方がいて、それを分かっていながら、別な方とお付き合いをする事が、今までに、なかったので戸惑いました。

「いやぁ〜!その事は、又、次の機会に!」 と言うのが、やっとでした。

その日は、お付き合いしているお爺さんも、もう映画館を出てしまったので、私も急いで映画館を出ました。

帰りしな、私は、自分の考えが、甘かったと思いました。 あの映画館は、お仲間さんが、沢山いて、誰が誰とどんな関係で、何をしているか! を皆さん、ご存知なんだ。と言う事。

良い気になってトイレで遊んでいれば、誰もが気付くんですよ!

私は、暫く映画館に行くのを自粛しました。

*************************************************************************************

★(体験談)お爺さん好きな訳(10-2)に戻る。

★(体験談)お爺さん好きな訳(10-5、10-6、10-7)に進む。

★「お仲間の四方山話」に戻る。

カテゴリー: お仲間の四方山話 パーマリンク

(体験談)お爺さん好きな訳(10-3、10-4)(Byあき) への1件のフィードバック

  1. mimi より:

    とても懐かしく思い出されました。昔はよく行っていましたが、あの病気が怖くて行かなくなりましたね。

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中