駒健問答第122話: 2014年 5月15日敬老デーの駒健に(By関爺)


虎 なんと、あの素敵な胸毛男とまたまた逢えたのだった。
敬老デーには来ないと言っていたけど、先月も今月も敬老デーだった。
まあ、嬉しい限りだけど。

関 そうかい?出会える確立は900分の1だとか言って居たが、
またあの胸毛の男がかい?
もしかしたら虎さんあんたに気が有るのでは?
北海道だから暫く来れないとか言って居た様だが、多分東京圏内だろうね。

虎 どこも混んでいるので、一緒に屋上に上がる。
運良く2つ並んで席があいていたので、そこに座る。

関 ありゃぁ、もう成立したおかい?
虎さんも手が早いが胸毛の旦那も気が早いね~
前回はお気に入りの強面のお父さんや喫煙室の親父さんともドジをして見失ったが
今回は、あれを教訓にした様ですね、そうかいそうかいお誂えの席は二つ並んでねぇ

虎 やはり、明るい所はいいですね。
胸毛に触ったり、アレを握ったりと触覚で愉しむだけでなく、
見て愉しむこともできるのだから。

関 その様な事を言う人は虎さん貴方だけすよ、
「浅草の24会館」でも「大番」でも殆ど真っ暗闇だよ。
大阪の「ロイヤル」でも、暗かったな~
ヤッパ虎さんは露出が好きなのだね、
その内に人目が無ければチンポが立たなくなるからね、
明るい所以外ではインポに成るでしょうね(笑)

虎 午前中は話ばかりしていたけど、視覚、触覚で愉しみながらだから、私のモノは勃ちっぱなし。
「凄いなあ、勃ちっぱなしじゃないか」
と呆れられる。

関 そりゃ~呆れるでしょうよ、
70前の男がだよ午前中話ばかりで何もしないで、チンポ勃ちっぱなし
異常としか言えないね、
凄いな~の源は目の前の胸毛と明るい日光の下だからですよ。
視覚・触覚・味覚(魔羅の)で青空の下だものね~
勃ちっぱなしの筈だよ。

虎 勃ちっぱなしだった割には射精するまでには至らなかったけど。
胸毛男はやはりジムで身体を鍛えているのだという。

関 射精まで至らなかった筈だよ、話の夢中になり咥えたり扱いたりキスもしなければ射精出来ないのでは?
この夏最高の男で胸毛の男一目惚れしたのだろう?
バカ話ばかりしていないで、折角逢えたのだから、暗い所でめくるめく思いをしたら?
今度その胸毛の旦那は虎さんを目にしたら、気が付かれない様に逃げますね。屹度!

虎 なんでも、インタネットで「駒込健康センタ愛好者の部屋」というのがあって、そこで、連絡し合っているのだとか。
今日も午後に逢うようになっているのだとか。
今度覗いて見よう。

関 なんだ、やっぱりね~
相方が居たのだ、
ゆうちょうな筈だね
虎さんは空いた時間の埋め役だったのだ。
私だったら、好きな人とは思う存分抱き合って弄り合って、ありとあらテクニックを駆使して最高のオルガスムスを誘い、思いっきり胸毛を目掛けてぶっぱなすね。
良いだろうな~好きな人に抱かれて撃つ弾丸は・・・・

虎 午後からは2段部屋の入口で、逢った男と長いこと扱き合いを続ける。
ずっと立ったままだったから、疲れてしまう。
スチームサウナで、いい男を見つけて出そうかなと思ったけど、自分で扱いても、勃たなくなってしまった。

関 今回は言わせてもらいます、恋焦がれた好きな男を目の前にして、喋り捲って、タイミングを台無しにして・・・
勃ちっぱなしの魔羅をよそに話に夢中になり、最後には2段部屋で好きでも無い男と扱き合う、何しに駒健へ来たのかな?
とうとう疲れて哀れにも魔羅は反応してくれない、そりゃ~素敵な男を目の前で見た後では勃たないだろうて。

虎 まあ、こんな日もあるかと、諦めて帰ることにした。
帰りの電車で少し寝たせいか、家に帰って、自分で扱いて出したのだった。

関 お喋りもほどほどが良いねと思ったが後の祭り!虎さんが空振りで帰宅したことは「駒健問答」122話の中で初めてです。虎さん、読者を裏切らないで欲しいね、貴方の武勇伝を期待していますからね、今回の胸毛の旦那は惜しかったね。

************************************************

駒健問答(By関爺)に戻る。

関爺のエロ談義・体験談目録(関爺の官能ワールド他)に寄ってみる。

*************************************************

感想、ご意見、ご批判がございましたら、コメント欄に。ご記入下さい。管理人が責任を持って、その旨を関爺さんに伝達致します。

カテゴリー: 駒健問答, 作者:関爺 パーマリンク

駒健問答第122話: 2014年 5月15日敬老デーの駒健に(By関爺) への1件のフィードバック

  1. 管理人 より:

    Ichi爺

    2014/09/28 [11:22]

    Ichi爺  今回の駒健問答の虎さんはは新鮮ですね。
    A 射精にいたらなかった虎さん。
    B それでも、午前中勃起させ続けた虎さん
    C 2段部屋の入り口で、移動もせずに扱きあいをした虎さん
    D 自分で扱いてもたたなくなった虎さん

    関爺 B  については、虎さんに取りましては憧れの君と屋上で二人限で、舞い上がって居たものだと推測されますね。
    私の想像ですが、勃起させっぱなしで相手を驚愕させておりますが、胸毛の旦那の魔羅を握りっぱなしか胸毛を撫でていたのではと思いますが・・・

    Ichi爺  Ich爺にとってB以外はおなじみの状況ですが、虎さんにとっては珍しいことですね。

    関爺 虎さんに取りましては、おそらくチンポの大きさよりも胸毛の魅力の方が優って居たのでしょうね、だが、可笑しいですね、好きで好きで堪らない男を目の前にして、扱きも無ければ咥えてもいませんね、何時もの話好きが話に夢中になり、己を見失ってしまったのでしょうか。

    Ichi爺  チンポの大きさについて、一言もないのも、珍らしいことです。

    関爺 んんん、困りましたねなんて答えましょうか、胸毛の旦那のチンポは並サイズかもね、多分ね、その分胸毛で虎さんの心を掴んでるのか・・・

    Ichi爺  素敵な胸毛男は「北海道から」と「敬老デーには来ない。」と二つ嘘を言った上で、話相手しかしてくれないのですから、Ichi爺であれば「脈無し」と諦めますが、虎さんにとって、よっぽどタイプのようですね
    きっと、屋上に誘ったのは胸毛男からですね、虎さんとは異なったいみで3階は避けたのではありませんか。

    関爺 そうでしょうね、虎さには可愛そうですが、我々外野席から眺めれば、片思いの様に思われます、本気であれば無理に屋上に誘わなくても3階の遣り部屋に誘いますが。

    Ichi爺  ところで、虎さんの好みの魔羅の基準が気になっています。先ずは「デカ魔羅」を満たす基準、そして付帯的な要件です。
    虎さんとのSEXを狙うのか、出歯亀を狙うのか、読者にとっては、必要情報です。関爺のご高説を開示下さい。

    関爺 これも非常に難解な事ですね。胸毛の旦那は相方が居ますね、ここで逢いますね、(だから前回では今出すわけには行かないと拒否したでしょう?)それまでの時間を埋める為に虎さんと接していると思うのですが、依って虎さんとのSEXは無いと思われますが、それでも虎さんは満足なのでしょうね。

    Ichi爺  狙って居ないでしょね、その気が有れば屋上で勃起しっぱなしの虎さんを無視はしないでしょう。

    そうです、だから先刻私が言ったでしょう?

    Ichi爺  いつか「関爺・虎さんの駒健問答」の講演会を開催しては如何ですか、Ichi爺は鞄持ちをさせて頂きますが
    新館の2階か3階に特設会場を設けましょう(笑)
    第150話記念で如何でしょうか

    関爺 それは、貴方の夢であり願望でしょう?私はご免被ります。虎さんも関爺もその様な所で晒者には成りたく有りませんね。(笑)

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中