(体験談)僕の30歳前後(Byフカラン)


昭和22年生まれの現在67歳 自営業を生業にして この世界はほとんど知らずに生きてきました。

中学のころから気になって好意を持つのはいつも男性でした。

「子供のころはそういうこともあるんだろうな?」と高をくくっていて、「いつかは女を好きになるんだろうな」と思っていました。

でも、高校になりやっぱり好きになるのは男、同級生を好きになりその子から「フランクのことが好きだよ!」って言われてビックリしつつも嬉しかった。
それ以上の進展はなかったですが・・・!

東京の会社に就職して寮に入り男好きの性格からは卒業しようと思って女の子とデートしたり、その当時はトルコと言って女性とHなことができる場所にも行ったりましたし。

でもHをする気分には全くならず トルコでは一生懸命扱いてくれるのに起つこともなく、「どうしょうか?困った!」と、困惑して、「ちょっと飲みすぎちゃったみたいだ」と言って余計に5000円払って帰ってきたこともありました、

結局29歳で独立してお店を持つまで童貞でした、

男の方では寮の部屋が一緒の4歳年上の先輩に遊び感覚で、お風呂でしゃぶられたことがありました。

先輩は全くのノンケなのにいっしょにお風呂に入ったとき僕がお風呂の縁に腰かけて涼んでいたら 突然チンボを握りしゃぶってきたんです。
ビックリしたけど、気持ち良くてなすがままにされていました。
俺のもしゃぶってくれと言われ、初めて男のものをしゃぶりました。
好きでもなかったのでそんなに興奮することはなったですが 初めての経験でした。

会社には中年以上の人が数人いましたが3人のおじさんからモーションをかけられました

27歳位の時 宴会の時僕の席まで来て 小さな声で。「俺ホモです!」と言って立ち去った管理課長
朝礼の時、横に立って 僕の股間の前に手を持ってきて掴むしぐさをする総務部長
いつも遠くで見つめてる役職の無い定年過ぎに入社した人、

どの人も自分は好きでも嫌いでもなかったので無視してました、

その頃、毎日仕事が終わってからお茶したりのみに行ったりしていた一回り上くらいの人が大好きだったんです。
凄く明るい人で、だれともニコニコ話をする江戸っ子の社交家、僕にも親しく話しかけてきて、自分も好きだったのでよく連れ立って遊んでました。
あんまり好きすぎて その人がみんなと仲良く会話しているのが嫌で ある日喫茶店で 僕は言ってしまったんです。
〇〇さんみたいな八方美人は嫌いです!って
それで終わりました。

お仲間かどうかは分かりません。そんなことは一度もなかったから、
40歳くらいで独身でしたけど・・・、
一度、箱根に社員旅行に行ったとき、大きなお風呂で湯船から出て仲間の人と話していた時お尻を撫でていった人が居ました、見たらその人でした。

その頃経理部長も自分は好きで 酒を飲み行ったりお茶したりしていました。
太っていて明るい人、江戸っ子でした、

自分が29歳で独立して田舎でお店を持って業績も伸びてきた3年目の頃、その人を、
箱根に誘ったことがありました。

会社を辞めても電話したりして近況報告なんかをしていました。
離れてから何だか急に好きな気持ちが盛り上がってしまい、部長のことを考えると 胸が本当にチクチク痛くなりました。
考える度になるので、なのでなるべく考えないようにしていたのですが、遂に誘ってしまいました。

八重洲の地下駐車場に自分の車を止めて二人で新幹線に乗って行きました。

ホテルは高級な感じではあるけど隠れ家的は感じでした。
地下の煙って薄暗い風呂でふざけたりして楽しかったので、内風呂にお湯をためて一緒に入ったらどんなに楽しいだろう!と準備はしたのに部長はそんな空気は全くなく飲んで食って内風呂には入らず寝てしまいました。

殆ど寝られず悶々として朝を迎えてしまいましたが、お風呂に行く前、やっと明るくなった頃、僕は意を決して 部長の布団にもぐりこんだのでした、
そして股の辺りに手を伸ばしました。

その瞬間、部長は跳ね起きて 『何するんだ、馬鹿野郎! 母ちゃんに言っちゃうど!!』ド怒鳴ったんです、
彼はノンケだったのです(泣!)

そんな訳で帰りの新幹線はお通夜の様な空気になり東京駅まで永かったです、
まさかノンケとは思わなくて ショックでした。

部長とはそれっきりで、また仕事に精を出していくことになりました。

55歳から完全にこっちの世界に入ったのですが そのことはまた後日書かせて頂きます

皆さんの物語は勃起もんでとても興奮しますが、自分のものは つまらない話でごめんなさいね、

終戦直後の生まれで同性愛は絶対に許されるものではなく、まして田舎育ちなのでズーットそういうことには蓋をしていました。

こんなおかしな自分は「生きてる資格もない!」と死にたくなったこともあります、

今はお仲間さんとの交流は楽しいです。
こんなに楽しいとは思ってもいませんでした、

******************************************************

「お仲間の四方山話」に戻る。

カテゴリー: お仲間の四方山話 パーマリンク

以下にコメント・投稿を記入下さい。お名前は必ず記入下さい(匿名可)。メール情報(非公開)は必須ではありません。既コメントに対しては、当該コメント下部の返信をクリックし、記入下さい。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中